タイトルTitle
名前Name
本文Contents

タイトルなし

  • 2021-04-10 15:26:29

何度もありがとうございます

意図は検索文字がタイトルの一部もしくは製作者の一部にヒットする動画のみグループ分解せず表示(タグやコメントなどタイトル以外にヒットする場合はグループ化のまま表示)という条件だったのですがその条件を作るif構文がよく分からなかったため

if (searchstr) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1)); continue; }

こちらでもほぼ意図した通りの動作をするため
こちらで使用することにしました

素晴らしいソフトの開発、公開本当にありがとうございます

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-08 23:36:59
  • msin

これは、何度もすみませんでした。
if (mlsNow[i].id == "0") continue;
if ((" " + searchstr + " ").indexOf(" " + mlsNow[i].tag +
" ") > -1) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1)); continue; }
でした。

タイトルなし

  • 2021-04-07 23:48:21

お返事ありがとうございます

文を入れる箇所ですが
そちらの場所に挿入の場合でも通常と動作変わりが見られませんでした

やはり動作内容理解していないながらこねこねした結果
< 0にして最後にcontinue;を追加すると当方の考えている理想通りの動作になります

しかしながらこれだと
なにかしらのタグが入力されているファイルがグループ化されなくなります
(プロパティを開くと左下のファイル数的なところも1/0みたいな表示になります)

私のやり方が間違っている気がビンビンしますので
一度アップデートをまってもう一度イチからやってみたいと思います

ありがとうございました

追記

  • 2021-04-07 07:28:10
  • msin

一度、jsonでメディア情報を出力して、
同じハッシュをランダムな文字列に置き換えて
新しい管理ファイルで読み込むというで、ハッシュを変えられそうです。

Jsonのユーザー定義項目は、まだ読み込みに対応してないので、使っているのなら、
登録した後にfile.readText?で読み込んで、個別にreturnMLすることになりますが

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-07 00:28:28
  • msin

今の時点で、ハッシュが一括で変更できるか調べたところ、jsだけでは無理そうです。
次回、ハッシュの一括ランダム変換の機能をつけたいと思います。

重複する場合は、スプラッシュ画面の影響で、ほとんど同じハッシュになることがおおいと思うので、NGのハッシュを登録できるようにします。NGだった場合は、ランダムなハッシュ値に代わるような感じで。

ハッシュ値と重複検出の件

  • 2021-04-06 23:10:53
  • 太鼓屋

お世話になっております。

先日のファイル重複検出の件、小規模テスト環境の方では88の重複ファイルに対し、登録ハッシュ値の変更(ランダム)を行った後にサムネイルの再作成を行い、重複検出を解消できました。

ただ、最初の本環境の方は、重複検出が1030もあるので、それを一つ一つハッシュ値変更するのはかなりしんどいですね。
例えば、処理時間は掛かっても構わないので、重複検出されているものから重複で無いと判断できるものをマウス選択した状態で右クリックメニューからまとめてハッシュ値をランダム変更&サムネイル再作成出来たりすると、一発操作した後は放置しておけば終わるので助かるのですが…。

あるいは、重複検出したものだけを対象にファイルサイズや動画の収録時間等を元にもう少し厳密に再スクリーニングできる機能とかでも良いのですが。
何か効率の良い重複回避方法はないでしょうか?

使わせていただいているのに勝手な事ばかり申して申し訳ありません。(汗)

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-06 00:20:46
  • msin

あ、先にグループがヒットすると、飛ばされてしまいますね。
正しくは、
if (mlsNow[i].id == "0") continue;
の下に
if ((" " + searchstr + " ").indexOf(" " + mlsNow[i].tag +
" ") > -1) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1)); }
でした。

ライトパネルの初期表示がグループ欄に入力されているとグループで表示されるのは、次回直します。

今は、通常の検索と、ハッシュの時のみ、innerCenterWriteに文字列を渡すようにしています。
次回から、検索時のフラグも渡すようにします。

mb.find=(str = "", rightBoxWriteBool = true, flag = false,findxfind="",findxfindstr="") =>{}
とすれば、書き換えられるので、可能ならお試しください
findxfind="",findxfindstrは、表示内再検索の機能をつけようとしてる途中なので気にしないでください。

innerCenter.Write(mls,false,false,null,str,○○○);
にして、○○をそのフラグにします

タイトルなし

  • 2021-04-05 22:04:23


返信ありがとうございます



if ((" " + searchstr + " ").indexOf(" " + mlsNow[i].tag +

" ") > -1) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1)); }

を追加してみたところ、検索動作変わりがなかったため



if ((" " + searchstr + " ").indexOf(" " + mlsNow[i].tag +

" ") < 0) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1));

continue;



こちら追記してみたところ、文字検索時、検索後の並び替え時以外かなり意図に近い動作しました (ただしプレビューウィンドウにはグループ表示解除前ものが選択状態として表示されます、これはこの構文追加時以外のグループ検索オフ時でも同じ仕様?)



ただしなぜかこちらの記述を行うと、一部グループ化されるものと、グループ化されないものがでてきました (法則性見つけられませんでした) (グループ化されないものもこの記述を削除するとグループ表示されます)



更に欲を言えば文字検索ではなくタグや人物を検索したとき (タブにタグアイコンや人物アイコンが付くフラグ) を判別する式はありませんでしょうか

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-04 07:30:20
  • msin

例えばですが、
デフォルト.jsのinnerCenter.Writeの
for (let i = pager.Start(mlsNow); (i < pager.End(mlsNow) && i < mlsLength); i++) {
if (mlsNow[i].id == "0") continue;
if (!groupView && hasGROUP(mlsNow[i]) && searchFlg_Group) {
の下に
if ((" " + searchstr + " ").indexOf(" " + mlsNow[i].tag +
" ") > -1) { IndexCnt++; VM.push(this.Box(mb.getInfo(mlsNow[i].id), IndexCnt + 1)); }
を追加してみてください。

これで、挙動が意図したものとどう違うか教えてください。
並び替えをすると単体でヒットしたものが消えてしまいますが

タイトルなし

  • 2021-04-03 21:38:18

あ、失礼しました
すべてのタブが検索結果なのですね
意図としては検索欄に文字を入力した場合の事のみを考えていました(mainやタグ等のツリーから呼び出すようなタブなどは含まず)

タイトルなし

  • 2021-04-03 21:35:28

検索結果に対してのみグループ機能無効という感じでしょうか

常時グループ機能は有効で使いたいのですが
検索結果にはグループに格納されている個別の動画を表示したいという感じです

具体的にはグループA内のtestAファイルがあるとき
検索内容testAでグループAがヒットするのではなくtestAも個別にとしてヒットして欲しいという感じです

グループ検索をオフにすると検索結果はこの通りになるのですが
同時にグループ機能そのものが無効化されてしまいます

雰囲気的に仕様かなとは思ったのですが
なにか方法があればと思いお伺いしました

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-03 20:43:45
  • msin

検索時のみ、というのは
検索欄に文字を入力して検索したときだけ、ということでしょうか?
基本的には、すべてが検索結果なので、具体的にどのようなときかがわかりません。

ショートカットの登録で、どこかに
$("searchToggleGroup").click();
登録してみるのはどうでしょうか。

無効にすることの方が少ないのなら、
CTRL押下中無効、キーアップで有効など

フラグとしては
searchFlg_Group
を、true,falseで切り替えることで検索結果が変わります。

タイトルなし

  • 2021-04-03 20:05:55

ファイル名リネームの件、ありがとうございます。おま環ではなく安心いたしました!
アップデートを楽しみにしております。

タイトルなし

  • 2021-04-03 17:54:32

グループ検索についての質問なのですが
普段はグループ機能有効状態で
検索時のみグループ検索無効化は可能でしょうか

現状グループ検索トグルをオフにすると
グループ機能そのものが無効化されてしまいます

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-01 16:23:39
  • msin

不具合というか、実装途中で、
ボタンを押したときの動作が、すべてコメントアウトされてました汗
次回のアップデートまで、お待ちください。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-01 16:06:57
  • msin

すいません。これは不具合のようです。
次回修正します。
閉じるのボタン横のファイルネームは、非表示忘れです。次回修正します。

タイトルなし

  • 2021-04-01 15:21:24

msin様、
素晴らしいソフトの開発&公開ありがとうございます。

当方環境で1.6.0へアップデート後、以下の事象が発生しています。
- 右クリックメニュー/プロパティからのファイル名変更が行えない(OKを押しても反映されない) → F2からは行える
- メディアプロパティにおいて、「閉じる」ボタンの左側にファイル名が何故か表示されている (長い場合、「閉じる」ボタンにかかる)

カスタムが原因かと考え、新規インストールを行っても発生しているため、当方環境では1.6.0の初期状態から発生している事象のようです。
こちらの原因について、何か想定される原因などございませんでしょうか?

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-04-01 05:38:18
  • msin

。。。と下記を読んでいる際に、解決していることに気付きました。

ディレクトリフルで起動しなくなった

  • 2021-04-01 00:17:58

エラーが発生してアプリケーションが落ちました。
内容的にmmbのドライブがフルになったことが原因かと思われます。
(数MB程度しか空きがありませんでした)

十分な空き容量を確保しましたが、起動ができません。
PC再起動後も同様です。

フォルダを確認すると、mBrowser.configが0バイトとなっており、バイナリエディタで開いても何も書き込まれておりません。
おそらくmBrowser.configを更新する際に新規作成しようとして、容量がなくなったために作成されず、0バイトのファイルのみが出来あがったと思われます。

mBrowser.configをリネームし、アプリを起動すると7.02KBのmBrowser.configが作成されアプリケーションは起動できたのですが、空っぽの状態になりました。
元の状態に戻す方法はないでしょうか?


。。。と上記を打っている際に、.mbファイルを開けばいいことに気付きました。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-31 02:01:16
  • msin

mmbのハッシュは、動画サイズの中央値のサムネイルをハッシュ化したもので、MMB独自のハッシュ値になります。
ファイルのハッシュ値を出そうとすると、ファイルのサイズが大きくなればなるほど、ハッシュ値の計算に時間がかかるので、このような処理をとっています。

ファイル情報自体が読み込めない場合は、サムネイルの作成をスキップしているんですが、
ファイルの情報が読み込めるけど、実際ffmpegでサムネイルを作成しに行くとエラーが起きるような状態で、同一ハッシュの不具合が起こります
ほとんどwmvで、先頭の特定画像がハッシュ化されてしまう現象です

該当ファイルのハッシュを変更して、再度サムネイルをスキャンしてください
なぜか、キャプチャーの方は正しく作成できることが多いです

ありがとうございます。

  • 2021-03-31 01:31:38
  • 太鼓屋

msin様、早速の返信ありがとうございます。

前回書き込んだ内容のデータは既にスキャン完了した結果なのと、余りにもファイル数が多すぎるので、もう少しコンパクトな環境で試してみました。
今回のフォルダ名、ファイル名は7割方がアルファベットで、漢字も使ってはいますが非常に少ないのと、動画ファイル自体もフレームサイズやビットレート等が比較的バリエーションの少ないもので、1400程度です。
コンソールを開いた状態でスキャンを行い、今回は一度も停止する事無く、約1時間ほどで全ファイルをスキャン完了しました。
コンソールのテキスト出力を確認したところ、サムネイル作成の失敗は2回だけでした。

重複ファイルの検索結果は89で、実際に同じファイルが別フォルダにあるケースも1件だけ見つかったものの、残り88ファイルは、ファイル名、場所、サイズ等が異なる別のファイルなのですが、「重複」と判定されているという事なのでしょうか?(そもそも「重複」ファイル検索が「重複」と見なす条件は何でしょう?)
サムネイルが同じ画像のファイルは複数あるのですが。

今回のテストを踏まえると、前回の報告は、試行錯誤する中でスキャンを繰り返したり、フォルダをドロップで追加したりした為に実際に重複登録されてしまったのかもしれません。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-30 07:10:44
  • msin

Program Files(x86)は検証したことがありませんでした。
もしかしたら半角スペースかもしれません。検証してみます。

重複ファイルは、重複ファイルが起きた時にコンソール画面でも二重でスキャンされているか教えてください。

私の環境では再現性がなく、ver1.6以降は、プログラムとしては、全ファイルの抽出→同じファイルパスの重複の削除→サムネイルのスキャンというながれなので、同じファイルパスの登録は起きないはずなのです。

また、wmvなどの一部で読み込めない動画が同一のハッシュで作成されてしますことがあります。そのときは、違うファイルで同一ハッシュですので、サムネイルが同じになる現象が起こります。
同一ハッシュになるエラーのほとんどは、情報は正しく読み込めるけど、サムネイルを作成するとエラーになる場合で、ffmpegのエラーです。
真空波動研の方は初めてなので、検証してみますが、再現できるかわかりません。
ただ、真空波動研の方は、動作しなくても問題ないので、次回の更新で、タイムアウトの処理をつけたいと思います。

「全スキャン」を選択しても無反応なケースは、おそらく、一回エラーが起きた後の二回目だと思います。
スキャン中に、二重でスキャンされないよう、スキャン中の一連の処理が終わるまで、次のスキャンを待機する仕組みになっています。

タイトルなし

  • 2021-03-30 00:54:17
  • 太鼓屋

こんにちは。
素敵なソフトを公開いただき、ありがとうございます。
最近、使い始めたのですが、初心者ユーザーとして色々試行錯誤しています。

最初に躓いたのが、アプリケーションの格納フォルダを Program Files(x86)にした事で、何か設定情報とかのデータ書き込み時にエラーが発生した保存できませんでした。Windows10では、この手のフォルダは問題になる事も多い様で、ルートに別フォルダを作って格納したら解決しました。

どなたかも書かれていましたが、メニューから「監視フォルダのスキャン」を選択したり、監視フォルダ設定画面の「全スキャン」を選択しても無反応なケースがありました。また、監視フォルダをスキャンしている途中でも400~500くらいファイルをスキャンした所で、まだ残りのスキャンファイルがあるのに停止してしまう事があります。
素人なりにタスクマネージャで CPUやメモリの状態を確認してみたところ、その原因になっていると思われるのが、真空波動研 Super Liteのタスクで、通常動作中は一瞬表示されて消えるのですが、消えずに残ってしまう事があり、その状態だと停止してしまう様です。
タスクマネージャから真空波動研 Super Liteのタスクを終了してやると継続して動作を開始します。
私のPCの環境に何か相性の悪いソフト等があるのかもしれませんが、今のところ、止まったらこの操作をして継続させて使っています。

また、私の環境でも監視フォルダの階層重複はないのに、同じファイルを重複登録してしまう事が発生しています。
9300くらいのファイルをスキャンして、重複検出を掛けたところ 1030ほどでした。(2重に登録されていると考えると半分の500くらいという事でしょうか?)

何か原因や回避策にお心当たりがあればアドバイスをお願いします。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-25 19:34:03
  • msin

・artistをあらかじめ配列として扱えるartistsのようなプロパティ。
>>>新規で追加した、ユーザー定義項目に、起動時などにartistをカウントした数字を代入してはどうでしょうか

・検索時に nbsp や bsol 辺りのエスケープ文字も使いたい。
>>>すいません。検索時のエスケープに対応するのが、私のレベルでは難しくて、
基本的にはgrepした検索結果を、innerCenter.Write(メディアの配列);で、書き込む処理になります。
mb.findの中身を参考に、独自の関数で検索してみてください。

・ユーザ定義のスクリプトをmbSearch.js等のように追加することは可能でしょうか。
>>>
タグレットフォルダ内に、jsを追加すれば起動時に読み込まれます。
タグレットなどをへ変更した際は、一度temp/jsを削除してください。

タイトルなし

  • 2021-03-25 18:30:49

大変便利なソフトを公開していただきありがとうございます。
いつも便利に使わさせていただいております。

検索欄についてなのですが、
複数アーティストのファイルのみを抽出したく、
{artist.split(" ").length>=2}
と書いたのですが、
半角スペースを含むため、検索条件のevalができませんでした。
split(/\s/) も試してみましたが、バックスラッシュがエスケープされ、こちらもうまく動作しなかったです。

暫定的に tmp/js/デフォルト.js に
String.prototype.split2 = function() {
return this.split(" ");
}
を追記し、
{artist.split2().length>=2}
として処理しています。


そこで質問と要望なのですが、

要望
・artistをあらかじめ配列として扱えるartistsのようなプロパティ。
・検索時に nbsp や bsol 辺りのエスケープ文字も使いたい。

質問
・ユーザ定義のスクリプトをmbSearch.js等のように追加することは可能でしょうか。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-23 20:22:50
  • msin

いくつか、確認させてください。

monitor.exeを使っているかどうか。
監視フォルダのスキャン時か、起動時スキャン時か、ドッロプしたアイテムの登録時か、
できれば、重複登録された際に、コンソールにも二回スキャンが行われているかどうか。

また、wmvなどの一部で読み込めない動画が同一のハッシュで作成されてしますことがあります。そのときは、違うファイルで同一ハッシュですので、サムネイルが同じになる現象が起こります。

重複登録

  • 2021-03-23 19:54:55

いつも便利に使わせていただいています。

[質問内容]
タイトルの通り、たまに同じファイルのものが登録されてしまいます。
なにか二重登録を回避する方法、または同じファイルパスのものは1つになるように削除する方法はないでしょうか?

[詳細]
登録時間でソートすると、同じサムネイルのものが並んだ状態です。
ファイル情報を確認すると、登録IDは連番になっていて、登録時間が数秒差がある以外は全て同じ内容です。

監視フォルダは複数登録されていますが、すべて親ディレクトリから指定していますので、二重で監視されていることはありません。
・D:\xxx
・D:\xxx\yyy
のようにはなっていない

使用バージョンは1.6.0.0です。最近バージョンアップしましたが、以前よりこの状態にはなることがありました。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-22 13:20:35
  • msin

厳密に、ハッシュ値が同じでも、もともとその場所にあった同じ動画かどうかの区別がつかないので、monitor.exeや監視フォルダの監視中外のファイル操作での管理ファイルの変更は、機能としてつけていません。

以前の回答をそのまま載せます。

let old2newProp = () => {
let Sel = mb.getSELECT();
for (let i = 0; i < Sel.length; i++) {
let oldmv = JSON.parse(JSON.stringify( mb.getInfo(Sel[i])));
let hash = oldmv.hash;
let idx = (function (str) {
let length = MLS.length;
for (let x = 0; x < length;x++) {
if (str == MLS[x].hash) {
return x;
}
}
return -1;
}(hash));
if (idx > -1) {
let newmv = MLS[idx];
oldmv.id = newmv.id;
oldmv.fileName = newmv.fileName;
oldmv.filePass = newmv.filePass;
MLS[idx] = oldmv;
mb.returnML(oldmv);
mb.console("PropCopy "+oldmv.fileName + " ==> " + newmv.fileName);
}
}
}

デフォルトJsの最後の行にでも上記を追加して、
Jsの登録からold2newProp();を登録
並び順、登録新しい順にしたうえで、
存在しないメディアの検索で、コピー元を選択した状態で、old2newPropを実行してみてください。
新しい順から一致するハッシュを検索して、選択元の情報をコピーしています。
コピーが完了したら、存在しないメディアを登録から削除してください。

また、mmb起動中でフォルダの監視中でしたら、リネームを検知できるので、そちらも今後利用してみてください。

同じハッシュで登録できる仕様上、変更の自動検知のような機能はつけませんでした。
また、同じハッシュで登録できないとなると、それはそれで、同じ動画に気づけなくなるので、やめました。

起動時のファイル存在確認について

  • 2021-03-22 07:51:26

いつもこのソフトには大変お世話になっております。
hddを引っ越ししたした際ですが、起動時にwhitebrowserのように監視フォルダ間の移動を検知して自動でファイルパスを変更することはできますでしょうか。
既に代替手段で可能であれば教えていただけますと幸いです。

re:タグについて

  • 2021-03-21 22:58:10

解決できました
無事ブックマークにも登録できて、とても便利になりました
ありがとうございました

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-21 15:02:30
  • msin

検索入力に
{tag==""}
で検索できます。
イコールは二つですので、注意してください。
{tag=="" artist==""}
{tag!=""}
{artist.indexOf("萌")>=0}
など、エラーさえ起きなければ、プロパティの名前でなんでも検索できます。
シングルコーテーションはエラーになります。

タグについて

  • 2021-03-21 09:35:50

 いつもありがとうございます
 タグをブックマークし、見つけたい動画を探しやすくしているのですが、タグのついていない動画のみを表示することはできるでしょうか?できればブックマークから飛べるような専用タグがあれば使いやすいのですが。

タイトルなし

  • 2021-03-20 16:52:37

ありがとうございます。ご指摘の通り、デュアルディスプレイ環境で使っております。
ただ、スケールは一緒でして(過去に異なっていたことはある)、モニターモードをシングルに切り替えてメインディスプレイにした上で再立ち上げしても変わらないため、
どこかに過去の情報が残っている等の可能性も考えております。運用としては全く問題ないのですが、気になるので個人的にも切り分けしてもう少し調べてみます。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-19 11:45:59
  • msin

おそらく、メインモニターとは違うモニター上で開いているエクステンションだと思います。
以前、Windowsのオートスケールに自動で対応するようにしましたが、
これが結構厄介で、自動にて対応できない場合は、フォーム内のすべてを、表示スケールから計算してポイントを算出しなければいけなくなりました。(なので、ほとんど自動のままで、可変する行などは使用しないように変更しています)
おそらく、メインモニターと他のモニターの表示スケールが一緒なら、ずれないと思いますが、解決し次第実装します。

タイトルなし

  • 2021-03-19 01:38:20

下記の件、ありがとうございます。個人的にはぜひ活用させていただきたいです。アップデート楽しみにしています!

ちなみに別件なのですが、ウィンドウ内に画像をドラッグしてトリミングができる機能について、
メインウィンドウではなくタレント一覧のエクステンション内で使おうとしたところ、画像の縮尺比が崩れる(引き伸ばされる) のですが、再現性ありますでしょうか?

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-17 07:21:54
  • msin

ファイルの「更新日時」のメタ情報(タイムスタンプ)
次回の更新で、取得メソッドするを追加したいと思います。

ファイルのメタやExifの操作は考えてはいたので、次回の更新で、ユーザー設定項目を使用すること前提とした、ファイルのメタやExifの取得・設定のメソッドをそれぞれ追加したいと思います。

タイトルなし

  • 2021-03-17 02:04:01

msinさま、
下記の件ありがとうございます。
(1)はすっかり勘違いしておりました。言われてみるとワンライナーの方との差分でした。ありがとうございます。
(2)ですが、Windowsでも確認できる、ファイルの「更新日時」のメタ情報(タイムスタンプ) のことを考えておりました。
これを一括でmmbの公開日時にセットしたい場合があるのですが、「作成日時」とは異なりmmb内ではデータを保持していないように見えまして、ご相談させていただきました。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-16 22:11:39
  • msin

(1)
taglet.AddPublishDate =()=> {
let id=mb.getSELECT()[0];
let mv = mb.getInfo(id);
let oldValue = mv.createDate;
let result = mb.inputBox("公開日時?", "公開日時の追加", oldValue);
if (result == null) return;
if (result != oldValue) {
let newValue = trim(result);
mb.setInfos(id,'createDate', newValue);
}
}

タグレットを実行したときに、引数が入っていないからだと思われます。

(2)
次回の更新で、メディアに何かを追加したあとに自動で実行する関数を追加してみます。

タイトルなし

  • 2021-03-16 21:28:39

こんにちは、いつも素晴らしいソフトをありがとうございます。
以下2点お聞きさせてください。
(1) メディアの公開日時を標準入力からまとめて登録したく、以下のようなタグレットを作ってみたのですが、ポップアップ自体が表示されず。ブックマークでも同様の挙動でした。
ただ、同様のワンライナーを作ってF6で直接実行したところ無事動きました。が、タグレットやブックマークからではやはり動かず。
mb.inputBoxがタグレットやブックマークからではうまく使えていない可能性を考えているのですが、何か勘違いしていないかご教示願えませんでしょうか。
(2) 要望になるのですが、メディアの更新日時を扱えるような機能拡張は可能でしょうか?

js:
taglet.AddPublishDate = id => {
let mv = mb.getInfo(id);
let oldValue = mv.createDate;
let result = mb.inputBox("公開日時?", "公開日時の追加", oldValue);
if (result == null) return;
if (result != oldValue) {
let newValue = trim(result);
mb.setInfos(id,'createDate', newValue);
}
}

ワンライナー:
mb.setInfos(mb.getSELECT(),'createDate', mb.inputBox("公開日時?", "公開日時の追加",));

ドライブルートをスキャン対象に

  • 2021-03-16 09:23:31
  • MITO

ご丁寧にご検討いただきありがとうございます!
次回楽しみにしております!ご連絡ありがとうございます!

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-16 06:16:13
  • msin

ルートの件次回の更新で変更します。

ドライブルートをスキャン対象に

  • 2021-03-15 13:20:54
  • MITO

いつも便利に使わせていただいています。ありがとうございます。

ドライブのルートにあるファイルが現在対象外となっているかとおもいます。
可能であれば、ルートのファイルもスキャンの対象にすることは可能でしょうか?
ご検討いただければ幸いです。よろしくおねがいいたします。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-10 07:22:03
  • msin

次の更新まで、時間がかかると思うので、
お急ぎであれば、
どこかにこのメソッドを追加して実行してください
対象のjsonはmmb以下のフォルダに保存してください。

const readJson = () => {
let v = JSON.parse(mb.file.readText("○○○.mb.ml.json"));
let vlength = v.length;
for (let i = 0; i < vlength; i++) {
mb.console(v[i].title);
mb.returnML(v[i]);
}
}

ただし、1万件越えあたりで一回にmmbに送る文字数の超えてしまうので、エラーになります。

タイトルなし

  • 2021-03-09 20:56:28
  • AR

ご対応ありがとうございます。
バージョンアップ待っています。

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-07 18:37:47
  • msin

すいません、もともとそこは対応することを考えていませんでした。
よく考えれば、mmbで出したjsonを取り込むこともありそうですね。
次回対応します。

ユーザー情報のインポートができません

  • 2021-03-07 18:32:27
  • AR

メディア情報(JSON)のインポートでuser01~user05のインポートが出来ません。
未対応でしょうか?

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-07 17:50:33
  • msin

監視フォルダのリストが正しいか確認してください。
監視フォルダのフォルダが存在しない場合、エラーを起こすかもしれません。
これは、確認し次第また投稿します。

監視フォルダのスキャンが動作しません、

  • 2021-03-07 16:16:52

設定項目の監視フォルダのスキャンを押しても何の反応もありません。
起動時にスキャンの読み込みをするにチェック入れて起動しても同様です。
何か設定を確認する箇所はありますか。
ファイル管理用のPCがWindows7でWindows10のPCで試しましたがこちらは動作するようです、
強制再チェックさせる方法などはございますか?
フォルダをドラックしても読み込みを始めませんので困っています。
別フォルダをドラックすると新規で追加したときだけチェックが作動します。

タイトルなし

  • 2021-03-06 21:35:01
  • おもち

対処法ありがとうございます

そちらの打ち込みで使用してみます

ご利用いただきありがとうございます。

  • 2021-03-05 22:59:53
  • msin

'
の件ですが、更新までは
F6から
let MLSLength = MLS.length; for (let t = 0; t < MLSLength; t++) { let mv = MLS[t]; if (mv.tag.indexOf("'") >= 0) { mv.tag = mv.tag.replace(/'/g, "’"); mb.returnML(mv); mb.console(mv.tag); } }
の打ち込みで、'を’に変更してお使いしてください。

戻すときは逆にすればOKなので、

webPの件ご報告ありがとうございます。調べてみます。

▼ すべて表示